リウテリア野口 (野口 實)



野口マンドリンは、現在国内で最も多くのマンドリン愛好家から支持を受けているブ
ランドの1つです。マンドリンのみならず、マンドラ・マンドロンチェロにも共通する、
豊かで深い音色を特徴としています。



製作者 野口實氏 プロフィール
1947年 東京都・大島町に生まれる。
1962年 都立大島高校定時制に入学と同時に石川弦楽器に入社。
          マンドリン製作の修行に入る。
1968年 独立、大島にて工房を開く。独自のインスピレーションで製作に取り組む。
2002年 伊東にマンドリン工房を開く。
         作品は全国の高校・大学・社会人のOB各団体やマンドリン愛好家、音楽
          愛好者たちに幅広く愛用されている。
2005年 マンドリン製作において日本文化振興会「国際芸術文化賞受賞」。
2006年 ロシアマンドリンコンクール第2位のベラルーシ(ナターリア)、第4位の
         桜井至誠(さくらいまこと)は野口實氏製作のマンドリンを使用しての入賞
    である。

マンドリン


野口 Artist シリーズ
ST SB SA TypeW TypeX




TypeYbis Type SP


野口 Professional シリーズ


OM-1 OM-2 OM-3 OM-4

マンドラ

野口 Artist シリーズ



DM(ナポリ型) TD1(ローマ型)


野口 Professional シリーズ

OD-1 OD-2 OD-3 OD-S

マンドロンチェロ/リュート・カンタービレ

野口 Artist シリーズ



CM(ナポリ型) TC1(ローマ型)


野口 Professional シリーズ


OC-1 OC-2 OC-S